日本赤十字社企業年金基金 ねんきんと私

文字サイズ

基金の概要運営組織

日本赤十字社企業年金基金の運営組織

  • 基金は、確定給付企業年金法および日本赤十字社企業年金基金規約に基づき適正な事業運営を行い、自主的かつ効率的な運営に努めています。
  • 具体的には、事業主や加入者の代表者からなる理事会や代議員会が設けられており、基金の運営方針や財政状況などを審議・決定しています。

運営組織

運営組織
代議員会
(定数52人)
  • 代議員会は議決機関です。予算や決算などの重要事項を審議・決定しています。
  • 代議員は事業主の中から選定される代議員(選定代議員)と加入者の中から互選される代議員(互選代議員)で構成されます。任期は3年です。
理事会
(定数24人)
  • 理事会は執行機関です。代議員会に提出する議案や事業運営の具体的方針などを審議・決定しています。
  • 理事は選定および互選代議員の中からそれぞれ互選されます。任期は3年です。
  • 理事長は基金を代表し、その業務を総理します。なお、理事長は選定代議員である理事の中から選挙で1人選出されます。
  • 常務理事は理事長を補佐し、基金業務の運営および事務を執行します。運用執行理事は理事長を補佐し、積立金の管理および運用に関する基金の業務を執行します。なお、常務理事、運用執行理事ともに理事の中から理事会の同意を得て理事長が指名します。
監事
(定数2人)
  • 基金が適正に運営されるよう基金の業務を毎月監査するほか、年1回定例監査を行います。
  • 監事は代議員会において、選定および互選代議員の中から選挙でそれぞれ1人選出されます。

事務局

  • 事務局は、基金の通常の事務を処理するために置かれており、25人の専任職員がいます。(平成30年12月現在)

業務委託

業務委託の形態 II型
(給付の支払事務、加入者等の記録管理業務、年金数理計算業務等の事務を幹事会社に業務委託することをいう。)
幹事会社名 みずほ信託銀行株式会社

page top